現役スカウトマンへのインタビュー!

スカウトについてと給与などについてお話ししてきましたが、
今回は実際に現役のスカウトマンの方の話を取り上げたいと思います。
実際に現役の方の話を聞くことでよりわかりやすく、
スカウトマンについてイメージできるかと思います。

新人・トップスカウトマン・幹部の3種の職種をピックアップします。

新人 Aさん 21歳 大学生

・Aさんの入社のきっかけは?
路上で現在の先輩にの方に声をかけられて入社しました。

・入社からの期間は?
まだ6ヶ月です。まだまだ新米です。。

路上でのスカウトは慣れました?
入社初日で先輩の方の指導で声のかけ方から話の内容まで
一から教えていただきましたので、慣れました。
あとは、先輩のスカウトマンの方と紹介の場面に同行させていただいたり、
面接なども実際に体験できましたので、非常にわかりやすかったです。

初日で慣れましたので、あとは自分のやり方を見つけていくことが
今の課題かと思っています。

・今の給与は?
今はまだ30万ほどです。
まだまだ上の先輩方に比べると少ないです。
普通にバイトするよりも自分の頑張りで給与に反映されるのが、スカウトマンの
魅力だと思います。

新人のAさんは、学校に行きながらスカウトマンとして両立しています。
まだ半年という期間は少ないが研修などがしっかりしているため、
スカウトマンとしてのスキルはしっかりと身についていると自負しておりました。

次は、トップスカウトマンのBさん

トップスカウトマン Bさん 25歳

・スカウトマンになったのはいつ?
1年半前です。

・最高の給与額は?
最高は、350万です。
最高額は、最近です。まだ増えるかもしれません。w

・最高の給与額は?
最高は、350万です。
最高額は、最近です。まだ増えるかもしれません。w

・トップになると何かいいことがありました?
お金の面で言うと、トップになると給与の他に会社から賞与がもらえることですね。
あとは、会社から旅行券ももらえました!
トップになると確実に給与の面が大きく変わります。
多少役職手当などもあります。

トップスカウトマンになると、自分の業務以外に様々な業務を
こなしているので、時間が少ない中でスカウトマンとしても
トップに立つ人は、スカウトマンとしてのスキルが高い。
後輩スカウトマンの育成には、かなり力を入れているので新しく入社された
人も安心できる環境ですね。

幹部 Cさん 25歳

・どのような業務を?
組織としての運営と新人スカウトマンの育成とその他雑務ですね。

・幹部の方は、スカウトをしないのですか。
幹部の方でもスカウトをする方もいればしない方もいます。
人によって違います。

・幹部の方は、スカウトをしないのですか。
幹部の方でもスカウトをする方もいればしない方もいます。
人によって違います。

・幹部になるにはどのようなことをすればなれる?
スカウトマンとしてのスキルはもちろんですが、
後輩育成の力があるかや組織の運営ができるなど、様々な能力を見て判断します。
そこは、一般的にどのような組織でも同じと思います。

幹部の方自ら後輩スカウトマンの指導をしているので、
後輩方の安心感は大きいと思います。
幹部になった方は、組織の能力を向上させるために、
多くの能力が必要ですね。

3名の方のスカウトマンとも、新人スカウトマンの育成については
重要だと考えておりました。
今後スカウトマンになるために、必要な能力を
向上されるためには、このような組織で働ければ
安心できると思います。

弊社での新人の方も安心してスカウトになれる環境があります。
ぜひ、こちらからご連絡ください。