最近のスカウトマン状況

少し前までは、スカウトマンはすべて大阪やミナミや難波などに
出てきてスカウトをしていましたが、
最近は、スマホの普及でスカウトマンのタイプを
大きく2つに分けることができます。

路上は、少し前かもあまり変化はありませんが、
ネットの部分が大きく変わってきています。

路上

路上のスカウトは、少し前とあまり変わりませんが
スカウトができる場所は時代とも増えたり減ったりしてきています。
路上スカウトは、特に場所を気をつける必要があります。
場所によってはOK。NGがありますので、そこを理解した上で
スカウトをしてください。

最近では、スマホの普及で路上とネットを両方を駆使するパターンが
多いです。SNSの普及も関係があります。

つまり、路上スカウトプラスネットスカウトです。
そのSNSの普及で情報の伝達という部分でも変わってきています。

SNSの投稿を見て、女の子が落ち込んでいるなどやお店の愚痴などを
投稿していた場合などには、迅速に女の子をフォローしたり、
新しいお店を紹介することもできます。
スカウトマンは連絡先を交換した女の子の情報も収集することができます。
以前のお店はここなど。すぐに知りたい情報を収集できる環境になりました。

スカウトマンも情報の収集面ではだいぶ便利になりました。

連絡先の交換にしても、少し前まではアドレスの交換が主流でしたが
Lineというツールで連絡先の交換が楽になり、相手に自分の電話番号やメールアドレスを
交換せずに女の子とやりとりができるようになりました。

さらに新しい形態としてネットスカウトマンが出てきました。

スカウトナビ

ネットスカウトマン

ネットスカウトマンは、以前の記事にも書いてた通り
路上でしている内容をネット上で行うことを意味します。
ネットスカウトマンは、アプリ・SNSなどを駆使して女の子とやりとりをして
お店を紹介するという流れになります。

ネットスカウトマンは、いつでもどこでも時間と場所を
選ばずスマホ1つでできるので、やる際は手軽で便利です。
しかし、ネットスカウトにもデメリットがあります。
直接相手の顔が見えない(写真だけ)など女の子との信頼関係を築くのが
路上よりも時間がかかります。

ネットスカウトマンは、男女関係なくむしろ女性のスカウトマンもいます。
路上の場合は、男性のスカウトマンの方が多いですが、
ネットは女性も多数います。
女性同士の方が警戒心が少なくなり相談しやすいなどの心理が働くためでしょうか。

スカウトナビ・ネットスカウトマン

ネットスカウトでも稼げる環境にはなってきています。
まだ、スカウト会社がネットスカウトマンを受け入れる状態になっていない部分もあります。

弊社では、ネットスカウトマンも募集しておりますので、
ご相談ください。